大山康晴

大山康晴

(ゲーム)
おおやまやすはる

1923-1992
将棋の棋士

  • 大正12年(1923)3月13日、岡山県倉敷市で生まれる。
  • 昭和10年(1935)に木見金治郎八段に入門
  • 昭和15年、四段
  • 昭和18年、六段
  • 昭和19年、召集〜そのまま終戦
  • 昭和22年、A級昇進、七段
  • 昭和23年、名人初挑戦→敗退
  • 昭和26年、九段位奪取。
  • 昭和27年、名人位獲得、この後五年間名人位を維持し永世名人位を獲得
  • 昭和32年、升田幸三王将に名人位を奪われる
  • 昭和34年、名人復位、同時に升田に続く三冠(名人、王将、九段)
  • 昭和38年、五冠(名人、王将、十段、王位、棋聖)
  • 昭和47年、名人を失冠
  • 昭和48年、王将も失い無冠に。
  • 昭和49年、十段、棋聖を奪取。
  • 昭和54年、無冠になる。
  • 昭和55年、王将位奪還。
  • 昭和58年、無冠になる。
  • 昭和59年、ガン手術のため一年の休場。
  • 昭和63年、名人挑戦者に。(時に63歳!!)
  • 平成4年、名人挑戦者決定戦に(時に69歳!!!)この三ヶ月後、7月26日肝不全のため死去。

 このときにもA級棋士であり、しかもその年の終わりにも降級はしなかった最後までA級棋士であった。

  • A級在籍45年
  • 通算 245戦 158勝86敗1持将棋 勝率.645
  • タイトル獲得:名人18期, 王将20期,十段(九段戦を含む.現竜王戦)14期,王位12期,棋聖16期の合計80期。
  • タイトル戦総登場数 112回。
  • 永世名人、永世棋聖、永世十段、永世王位、永世王将

 日本チェスチャンピオン(非公式)にもなる。

 上記の記録を見ればどれだけ凄かったかがわかる大棋士。無冠になることがニュースになる。

ネットの話題: 大山康晴

人気

新着

新着ブログ: 大山康晴