大手私鉄

(一般)
おおてしてつ

鉄道会社のうち、以下の16社をいう。大手民鉄とも。現在、首都圏・中京圏・京阪神・福岡圏の4都市圏にのみ分布している。歴史的経緯からJRグループ各社は「大手私鉄」には含めない。
1949年、京阪神急行電鉄(→阪急電鉄)から京阪電気鉄道が分離して大手私鉄14社の体制が長く続いてきたが、1990年になって相模鉄道が大手私鉄に加わった。さらに2004年には民営化された東京地下鉄も大手私鉄に加わり、現在の大手私鉄16社となった。
なお、東京地下鉄については民営化以前の帝都高速度交通営団営団地下鉄)の時代から引き続いて国と東京都の出資で成り立っているが、営団地下鉄の時代から他の民鉄とともに日本民営鉄道協会に加盟しており、労働組合も同様に他の民鉄とともに日本私鉄労働組合総連合会私鉄総連)に加盟している。

参考:準大手私鉄、中小私鉄

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ