大東亜共栄圏

(一般)
だいとうあきょうえいけん

第二次大戦中の、特に1940年(昭和15)頃から日本が唱えたスローガン。欧米の植民地支配に代わって共存共栄の新秩序をアジア地域に樹立すると主張して、日本の侵略政策を正当化しようとしたもの。(三省堂「大辞林 第二版」)

日本が太平洋戦争中に戦争目的として掲げたスローガン。アジアの諸地域を欧米の支配から開放して日本を中心とする共存共栄を説いたが、現実には日本にとって資源や労働力の確保が目的であった。(旺文社 日本史B用語集)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ