大槻伝蔵

大槻伝蔵

(社会)
おおつきでんぞう

日本の江戸時代中期の加賀藩士。諱は朝元。
いわゆる加賀騒動の中心人物で第6代藩主の前田吉徳に起用されて藩政改革に尽力したが吉徳が急死すると反対派により排斥された。その後、五箇山に幽閉され自殺した。

新着ブログ: 大槻伝蔵