大河ノベル

大河ノベル

(読書)
たいがのべる

1人の作家が、1年間12ヶ月連続で12冊のシリーズモノを刊行していくという、世界出版史上初となる講談社BOXの看板企画。
読者の目から見ても明らかな、文字通りの作家の命を削る企画であり、2007年に先陣をきった西尾、流水両名も相当に過酷な1年間を過ごすことになったという。
ちなみに、2007年は企画の発足が急だったこともあり、ほとんどストック0のリアルタイムでの執筆を余儀なくされたが、2008年からはじっくり準備期間をおくことが可能になっている。

2007年

『刀語』 西尾維新

刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)

刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)

『パーフェクト・ワールド What a perfect world!』 清涼院流水

パーフェクト・ワールド What a perfect world! Book.1 (講談社BOX)

パーフェクト・ワールド What a perfect world! Book.1 (講談社BOX)


2008年

『Classical Fantasy Within』 島田荘司*1

Classical Fantasy Within 第一話 ロケット戦闘機「秋水」 (講談社BOX)

Classical Fantasy Within 第一話 ロケット戦闘機「秋水」 (講談社BOX)


2009年

『四方世界の王 古代オリエント幻想創世記』 定金伸治

四方世界の王 1 総体という名の60(シュシュ) (講談社BOX)

四方世界の王 1 総体という名の60(シュシュ) (講談社BOX)

*1:挿絵担当の士郎正宗氏のスケジュールの都合により、1〜3月、10〜2009年6月の期間に刊行予定

新着ブログ: 大河ノベル