大洋ホエールズ

大洋ホエールズ

(スポーツ)
たいようほえーるず

山口県下関市、神奈川県川崎市を本拠地とするプロ野球チーム。セ・リーグに所属。
ホームグラウンドは下関球場、川崎球場*1
横浜大洋ホエールズの前身、横浜ベイスターズの始祖の一つ。

チームカラーは1970年代以降生成し、橙と緑。

沿革

  • 1949年11月22日、大洋漁業がまるは球団を設立。愛称をホエールズ、本拠地を下関球場とした。同年セントラル・リーグ加盟。
  • 1953年、松竹ロビンスと合併し、大洋松竹ロビンスとなる。1953年は下関、大阪球場を本拠地とする。
  • 1954年、洋松ロビンスと名前を変える。
  • 1955年、松竹が経営撤退し、球団名は再び大洋ホエールズとなる。本拠地を川崎球場へ移転。
  • 1960年、三原脩が監督に就任。初のセ・リーグ優勝、日本一を果たす。シーズンMVPは秋山登、日本シリーズMVPは近藤昭仁
  • 1978年、本拠地を横浜市へ移転、球団名を「横浜大洋ホエールズ」とする。

歴代監督

第一次(1950年〜1952年)

第二次(1955年〜1977年)

関連キーワード

*1:下関時代を第一次、川崎以降を第二次と分類する場合もある。

*2:1966年、1967年はシーズン途中で休養→復帰を繰り返す。その間宮崎剛が代行。

*3:1972年はシーズン途中より青田昇宮崎剛が代行を務める。

ネットの話題: 大洋ホエールズ

人気

新着

新着ブログ: 大洋ホエールズ