Hatena Blog Tags

大脳皮質基底核変性症

(サイエンス)
だいのう

パーキンソン症状(筋肉の硬さ、運動ののろさ、歩行障害など)と大脳皮質症状(手が思うように使えない、動作がぎこちないなど)が同時にみられる病気の名称。身体の左側または右側のどちらか一方に症状が強いのが特徴だが、典型的な症状に乏しく、診断の難しい場合が少なくない。40歳以降に発病し進行するといわれている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ