大野久

大野久

(スポーツ)
おおのひさし

80〜90年代のプロ野球選手。現・東洋大附属牛久高校野球部監督。
右投両打、ポジションは外野手。背番号は33→2→40番。
1960年8月15日生まれ。茨城県出身。

取手二高校で1977年、1978年と夏の甲子園に出場。
東洋大学を経て、日産自動車では都市対抗野球に出場し優勝に貢献。

1985年、ドラフト5位で阪神タイガースに入団。

1年目より一軍に定着。日本一を経験。

1987年、和田豊・中野佐資と共に「少年隊」結成。スイッチヒッターの俊足選手として注目される。
以後、1番打者として定着。

1991年、吉田博之藤本修二西川佳明右田雅彦近田豊年との5対4の交換トレードで、池田親興、渡真利克則岩切英司と共に福岡ダイエーホークスに移籍。

外野手の定位置を獲得。1番打者として活躍。同年、42盗塁を記録し盗塁王を獲得。


1993年以降、出場機会が減少。代走での出場が多くなった。

1995年、中日ドラゴンズに移籍。
同年、現役引退。
翌1996年、二軍コーチに就任。


1998年、母校の東洋大で野球部のアドバイザーをしながら教員資格を習得。

2001年、東洋大附属牛久高の社会科教諭となる。

2003年、野球部監督に就任、指導者となる。