大鷲神社

(一般)
おおとりじんじゃ

大鷲神社(おおとりじんじゃ)は、東京都足立区花畑7丁目にある神社。
浅草をはじめ関東各地の「お酉さま(おとりさま)」の本社といわれる。
花畑大鷲神社(はなはたおおとりじんじゃ)とも称される。
また、関西では大鳥大社が本社ともいわれている。

                                                                                                        • -

とても静かで神社のなかには、犬などの動物が数多くいる。
お正月は、初詣に行く人や、11月は七五三などでお参りする人であふれる。
また、酉の市の夜になると夜空に、花火が見えて美しい。
例祭は、「一の酉 熊手市」が行われています。熊手市のたつ商売繁昌の神さま。
死後白鳥になって飛び去ったという古事記の英雄「日本武尊(ヤマトタケルノミコト) 」を祀った神社であるが、
物を取り〜鳥〜鷲の語呂合わせから商売繁昌の神様になった。
関東のオトリ様、関西でのエビス様が商売繁昌の二大祭で、それぞれ熊手市、福笹市がたつ。
例祭日 十一月酉の日

                                                                                                        • -

川崎市大師前 若宮神社・金山神社内に移祀の一番南側にも祀られている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ