天国にいちばん近い島

(読書)
てんごくにいちばんちかいしま
  • 森村桂を世に広めるきっかけを作った小説。

概要

  • 森村桂がニューカレドニア島へ旅行したときのエッセイである。これがのちに1968年放送の「あしたこそ」の原作の一つとなる。
  • さらに、16年後の1984年には大林宣彦監督・原田知世主演の映画で話題となり、原田知世の映画でのヒット作にもなった。
  • 内容は自分が旅行した島が天国に一番近く懐かしい亡き父のことが思い浮かぶという小説である。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ