天平文化

天平文化

(アート)
てんぴょうぶんか

7世紀終わり頃から8世紀の中頃までの日本において栄えた文化。奈良の平城京を中心にして華開いた貴族を中心とする仏教文化である。東大寺の仏像や唐招提寺の建築で有名。

新着ブログ: 天平文化