天明屋尚

(アート)
てんみょうやひさし

1966年2月、東京生まれ。(埼玉県在住)
レコード会社のアートディレクターなどを経て現在、現代美術家として活動。
独学で絵画を学び、日本伝統美術を継承、破壊、進化させあらゆる芸術や権威と闘うべく、日本伝統美術の流派を皮肉り、絵で闘う流派『武闘派』を旗揚げし活動。
暴力、信仰、社会諷刺など様々な事柄を描くネオ日本画絵師。

≪個展≫

  • 2000年6月〜7月
    • 「Japanese Spirit」HARAJUKU GALLERY(東京)
  • 2001年5月
    • 「天明屋尚展」PROGETTO(東京)
  • 2002年6月
    • 「ネオ日本画」depot(東京)
  • 2003年6月〜7月
  • 7月〜8月
    • 「傾く(かぶく)」ミヅマアートギャラリー(東京)

≪グループ展≫

  • 1990年8月〜12月
    • 「JACA’90」伊勢丹美術館, サンパウロ美術館(ブラジル)
  • 1993年12月
    • 「URBANART#2」渋谷PARCO(東京)
  • 1998年1月〜3月
    • 「JACA’98」フジタバンテ(東京), ハバナ アジア・オセアニア研究センター(キューバ)
  • 2001年10月〜2004年1月
    • 企画展「One Planet under a Groove : Hip Hop and Contemporary Art」ブロンクス美術館(ニューヨーク),ウォーカー・アートセンター(ミネアポリス),スペルマン大学美術館(アトランタ),MUSEUM VILLA STUCK(ミュンヘン)を巡回
    • 企画展「天明屋尚と暁斎展」河鍋暁斎記念美術館(埼玉)
  • 2002年10月
    • 企画展「The American Effect」ホイットニー美術館(ニューヨーク)
  • 2003年7月〜10月
    • 企画展「Japan:Rising」Palm Beach Institute of Contemporary Art(フロリダ)予定
  • 9月〜11月

≪受賞歴≫

  • 1990年12月
    • 「第11回日本グラフィック展」[審査員賞], 渋谷PARCO(東京), 名古屋, 大阪 他
  • 1997年9月〜1998年3月
    • 「JACA’97」[特別賞], フジタバンテ(東京),キエフウクライナ芸術アカデミー(ウクライナ),ブラティスラバ市立博物館(スロバキア)
  • 1999年12月
    • 「URBANART#8」[リキテックス賞], 渋谷PARCO(東京)
  • 2000年3月
    • 「第8回リキテックス・ビエンナーレ展」[奨励賞], 青山スパイラル(東京)
  • 2002年2月〜4月
    • 「第6回岡本太郎記念現代芸術大賞展」[優秀賞], 川崎市岡本太郎美術館(神奈川)

≪作品集≫

「天明屋尚作品集 ジャパニーズ・スピリット」
大型本:81p;サイズ(cm):297x210
出版社:学習研究社;ISBN:4054021107;(2003/07)

内容(「MARC」データベースより)
第6回岡本太郎記念現代芸術大賞展で優秀賞を受賞した、「武闘派」現代美術家、天明屋尚の100点余の作品を収録した初の画集。暴力、信仰、社会風刺など様々な事柄をネオ日本画で表現する。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ