天海僧正

(社会)
てんかいそうじょう

(1536年〜1643年)

南光坊天海。江戸時代初期に活躍した天台宗の僧。
徳川家康に近く、比叡山延暦寺の再建や日光東照宮の建設、寛永寺の創建などを行う。政治的影響力の大きさから金地院崇伝などとともに「黒衣の宰相」と称せられる。

なお、明智光秀が逃亡して名前を変えた姿とされることもある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ