天路歴程

(読書)
てんろれきてい

ジョン・バニヤンの代表作。典型的な清教徒の天国にいたる信仰上の苦闘を寓意で平易に描写し、非常に売れた。Pilgrim's Progress 明治時代に『天路歴程』として訳され、その題名が踏襲されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ