太子道

太子道

(地理)
たいしみち

日本の古代道路や街道のうち、聖徳太子(厩戸皇子)が通ったとされ、その通称が付けられたもの。京都の旧二条通の南隣にある新道や太秦広隆寺への参詣道として利用されていた道などがある。

新着ブログ: 太子道