Hatena Blog Tags

太子道

(地理)
たいしみち

日本の古代道路や街道のうち、聖徳太子(厩戸皇子)が通ったとされ、その通称が付けられたもの。京都の旧二条通の南隣にある新道や太秦広隆寺への参詣道として利用されていた道などがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ