太田三郎

(アート)
おおたさむろう

洋画家・挿絵画家。1884年12月24日-1969年5月1日
愛知県出身。黒田清輝に洋画を、寺崎広業に日本画を師事。日本画の号は沙夢楼。1913年の文展で「カッフェの女」が受賞。君島柳三の名で挿絵画家としても活躍、川端康成や矢田挿雲の挿絵を描き、俳句は室積徂春の『ゆく雲』に参加。1955年愛知県文化会館美術科長。光風会会員。帝展審査員。

著書

  • 『スケッチ画法』弘成館 1906
  • 『スケッチ初歩』三立社 1911
  • 『鍾情夜話』富田文陽堂 1918
  • 『鉛筆淡彩スケッチ画法』富田文陽堂 1919
  • 『新日本画の描き方』金星堂 1920
  • 『武蔵野の草と人』金星堂 1920
  • 『母と子の美術』婦女界社 母之友叢書 1924
  • 『鉛筆淡彩スケッチの描き方』崇文堂 1927
  • 『油絵の画き方』崇文堂 1930
  • 『裸体画の第一歩』アトリヱ社 1932
  • 『実地指導スケッチ習画帖』崇文堂 1932
  • 『裸体の習俗とその芸術』平凡社 1934
  • 『太田三郎作品集』 第1,2輯 美術工芸会 1937−39
  • 『美と善の歓喜』崇文堂 1942
  • 『ジャワ縦横』新紀元社 1943
  • 『爪哇の古代芸術』崇文堂 1943
  • 『戦ふ名古屋』名古屋市銃後奉公会 1944
  • 『民俗と芸術東奥紀聞』新紀元社 1948
  • 『油絵の描き方』崇文堂 1950
  • 『性崇拝』黎明書房 1956
  • 『女』黎明書房 1957
  • 『風俗おんな往来』新紀元社 1960

共著編

  • 『学校家庭略画の描き方』岡田三郎助共著 中文館書店 1920
  • 「世界裸体美術全集』編 平凡社 1931-1935

翻訳

  • 『アフロデット』ピエール・ルイ 荒城季夫共訳 世界奇書異聞類聚 国際文献刊行会 1928

太田三郎

(読書)
おおたさぶろう

1909年生まれ。英文学者、比較文学者。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ