太田雄貴

太田雄貴

(スポーツ)
おおたゆうき

フェンシング(フルーレ)選手。
1985年11月25日生まれ、滋賀県出身。
2004年3月:平安高校卒業。
2008年3月:同志社大学商学部卒業。
森永製菓株式会社所属。
「日本フェンシング史上最高の才能」と称される逸材。

略歴

高校時代に史上初のインターハイ3連覇を達成。高校2年の2002年には17歳という最年少記録で全日本選手権を制した。
2004年アテネオリンピックでは日本人最高の9位に入った。
2006年アジア競技大会ではフェンシングで28年ぶりとなる金メダルを獲得した。
2008年に北京オリンピックにおいて準決勝でイタリアのサッツォ選手を15-14で撃破。決勝では敗れたものの、日本の五輪においてフェンシング初の銀メダルとなった。
2012年、ロンドンオリンピック出場。男子フルーレ団体戦(太田雄貴千田健太三宅諒淡路卓)で、銀メダル獲得。

ネットの話題: 太田雄貴

人気

新着

新着ブログ: 太田雄貴