太閤検地

(社会)
たいこうけんち

豊臣秀吉が実行した土地に関する税制の見直し。天正の石直しとも言う。
まず、土地の生産力を石高で表すようにした。また、検地帳を作成して一地一作人の原則を徹底し、荘園制を崩壊させた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ