太陽の船

(アート)
たいようのふね

服飾デザイナー、山本寛斎が監督・総指揮を務めるファッション、音楽、演劇が融合したショー。
2007年1月13、14日、東京ドームで開催。

出演・松岡昌宏 上戸彩 工藤夕貴 アントニオ猪木
主題歌・長渕剛

総出演者2000人、製作費は10億円で、山本の半生を投影した青年の出会いと別れが音楽や映像を交えて描かれる。

制作発表では、山本寛斎のショー「アボルダージュ」にも出演した上戸彩が当時を思い出し、涙を見せた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ