太陽嵐

太陽嵐

(サイエンス)
たいようあらし

solar storm
太陽に起因する気象現象。大規模な太陽フレアの発生時に、大量の太陽風や、電磁波、粒子や粒子線などが放出され、地球に到達する現象のこと。地球の磁場や電離層に影響を及ぼす可能性がある。

予測される影響先

  • 人工衛星
  • 電力設備
  • 電波
  • 衛生即位システム(GPS)
  • 各種の通信障害

極地地方でしか見られないオーロラが、ニューヨークやキューバで観測されたことも

過去の大きな太陽嵐

  • 1805年
  • 1859年
    • 18時間足らずで地球に到達した磁気嵐は史上最大規模。普及途上であった電信機器の回路がショートし火災が発生した。
  • 1958年
  • 1989年
    • カナダの水力発電会社Hydro-Quebec社の送電網が破壊され、600万世帯が停電の影響を受けた。また、アラスカのフェアバンクスでは非常に明るいオーロラが観測され、メキシコでも3度に渡ってオーロラが観測された。
  • 2003年

発生予測

過去の太陽嵐の発生から、約50年周期での発生を予測する説がある。また、11年周期である太陽の極大期とも関わりが深い。

2012年?

2012年3月、米国立海洋大気庁(NOAA)傘下の宇宙天気予報センター(SWPC)が、過去5年間で最大の太陽嵐が地球に接近するとの見解を発表した。

2013年?

2010年6月、NASAが、「次の太陽嵐が2013年5月頃に発生する可能性がある」との見解を発表した。

ネットの話題: 太陽嵐

人気

新着

新着ブログ: 太陽嵐