奥尻島

(地理)
おくしりとう

奥尻島は、北海道渡島半島の西岸沖にある島。一島で奥尻郡奥尻町をなす。
全島が北海道檜山振興局管内にあり、面積は142.69km²*1。 
島名はアイヌ語の「イクシリ」(イクは「向こう」、シリは「島」)に由来する。エゾムラサキウニ、ホタテなどの海の幸に恵まれた島である。
1993年7月12日午後10時17分に発生した北海道南西沖地震では、震度6と推定される強い揺れ、直後に襲った高さ最大29メートルの大津波、それらにより誘発されたと考えられる火災により、甚大な被害を受けた。死者・行方不明者は198名に達した。

*1:2016年10月1日現在

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ