嫌韓流

(社会)
けんかんりゅう

嫌韓流とは

山野車輪氏が描くウェブコミック「朝鮮」の単行本名。
正式名称「マンガ嫌韓流」。2005年7月26日発売。
晋遊舎より出版、価格は税込み?1,000。(ISBN:488380478X)

韓国及び在日韓国人のやっているあくどいこと、日本人の知らない歴史をマンガという形で表現している、というのが著者側の説明である。非常に歴史否認主義と差別主義に満ちていると批判を受けた。

マンガ嫌韓流 マンガ嫌韓流2 (晋遊舎ムックシリーズ)

なお、マンガ嫌韓流への反論として、以下の書籍が出版された。
『マンガ嫌韓流』のここがデタラメ―まじめな反論 不毛な「嫌韓」「反日」に終止符を!対話と協力で平和を!!


関連

  • 韓国では「嫌韓流」への対抗として、「嫌日流」というコミックが出版された。ただし、著者違いで2種類存在する。
    • ヤン・ビョンソル版「嫌日流」は、2006年6月、日本語に翻訳されて有学書林より出版された(isbn:4901757059)。内容があまりにも感情的で、かつ、著者の思い込みで記述されているとして、日韓両国から批判された。日本国内で「嫌日流」といえば、基本的にこちらを指す。
    • キム・ソンモ版「嫌日流」は、ヤン・ビョンソル版があまりにも「暴走」しすぎ、また目立ちすぎたためか、(少なくとも日本国内では)話題になることはほとんどない。日本語に翻訳されて2007年3月に出版された(isbn:4883806197)。出版元は「嫌韓流」と同じ晋遊舎である。
  • 2008年、記述が名誉毀損であるとして、作品中に登場する織原城二被告(2008年現在)が、作者らを相手に民事訴訟を起こした。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ