子午線の祀り

(読書)
しごせんのまつり

子午線の祀り・沖縄―他一篇 (岩波文庫―木下順二戯曲選)
木下順二の代表作.1978年に『文藝』誌上に発表され,翌79年に宇野重吉の総合演出により初演される.以後数次に渡って上演が行われている.
『平家物語』を題材に,平知盛と源義経を対照させ,「天」の視点から人の世の葛藤を壮大なスケール感で描く.「群読」という朗読スタイルの導入のほか,能狂言,歌舞伎,現代演劇で活躍する俳優・スタッフによる協同作業によって作られた超ジャンルのスペクタクル.

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ