孝明天皇

(一般)
こうめいてんのう

孝明天皇は、第121代天皇。諱は統仁(おさひと)。1831−1866。
父は仁孝天皇、母は新待賢門院藤原雅子。
幕末期の天皇で保守的な人物だった。倒幕派に暗殺されたとの説もある。
学習院を創立したことでも知られる。
陵は京都府京都市東山区今熊野泉山町の泉涌寺内にある後月輪東山陵

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ