学童疎開

(一般)
がくどうそかい

太平洋戦争末期、戦況の悪化により大都市への空襲が予想されたため、国民学校の学童を農村部に避難*1させた政策。1943年末より実施された。
各家庭で独自に行った「縁故疎開」と、集団で行った「集団疎開」とがある。

*1:敵前逃亡という悪印象を回避するため、「避難」ではなく「疎開」の語が用いられた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ