安丸良夫

(読書)
やすまるよしお

歴史学者。一橋大学名誉教授
1934年、生まれ。2016年4月4日、死去
富山県出身。
丸山真男に代表される戦後の近代主義的政治思想史研究に対抗して、庶民の視点や土俗的立場に立った独自の民衆思想史研究を確立した。

主な著作

『日本の近代化と民衆思想』(青木書店1974/平凡社1999)
日本の近代化と民衆思想 (平凡社ライブラリー)

日本の近代化と民衆思想 (平凡社ライブラリー)

『出口なお』(朝日新聞社1977.1)
出口なお (朝日選書)

出口なお (朝日選書)

『神々の明治維新』(岩波書店1979.11)
神々の明治維新―神仏分離と廃仏毀釈 (岩波新書 黄版 103)

神々の明治維新―神仏分離と廃仏毀釈 (岩波新書 黄版 103)

『現代日本思想論−歴史意識とイデオロギー−』(岩波書店、2004.1)
現代日本思想論―歴史意識とイデオロギー

現代日本思想論―歴史意識とイデオロギー

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ