安楽椅子探偵

(読書)
あんらくいすたんてい

説明

アームチェア・ディテクティヴ(Armchair Detective)」の和訳で、推理小説の形式の一。
主に、自ら事件現場に赴かずに、手元にある証拠等だけで事件を解決する探偵又はそのような探偵によって解決される物語をいう。
「ベッド・ディテクティヴ」ともいう。

安楽椅子探偵ものの代表作

ハリイ・ケメルマン『九マイルは遠すぎる』ISBN:415071102X
ジョセフィン・テイ『時の娘』ISBN:4150727015
退職刑事 (1) (創元推理文庫) 都筑道夫『退職刑事』
隅の老人の事件簿 (創元推理文庫 177-1 シャーロック・ホームズのライヴァルたち) バロネス・オルツィ『隅の老人の事件簿』

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ