定向進化説

(サイエンス)
ていこうしんかせつ

進化論の一つ

生物の進化において、一度進化の方向が決まると、ある程度その方向への進化が続くように見える現象のことを言い、その傾向があることを認め、それを進化の原因とみなす説のことである。
T.アイマー、E.D.コープ、H.F.オズボーンらによって提唱された。
アンモナイトの殻が巻かれる方向に進化したことや、オオツノジカの巨大な角などが代表的な例とされる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ