宝永大噴火

(社会)
ほうえいだいふんか

1707年(宝永4年)に起きた富士山の噴火。火山灰は関東一円に降り注ぎ、農作物などに多大な影響を及ぼした。特に富士山東側の火山灰被害は甚大だった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ