Hatena Blog Tags

寄生地主

(地理)
きせいじぬし

田畑などの農地を小作人(小作農)に耕作させ、成果物である米などの農作物の一部を地代(小作料)として徴収して生活している地主のこと。
日本では第二次世界大戦の農地改革によって寄生地主が所有していた農地は非常に安価な価格で政府に買い上げられ、小作人に安価な値段で売り渡され、寄生地主はほとんどいなくなり寄生地主制は崩壊した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ