Hatena Blog Tags

富士王朝

(読書)
ふじおうちょう

宮下文書」などに登場する古代王朝。一般的に実在したとは考えられてない。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

高千穂レイライン完成🙌旅🙌スペシャル日記❤️ 特別編 その3️⃣7️⃣ うづきナンバーと🤭💕「日向」の「時代」の「イザナギ・イザナミ」の話を、地球🌎️🌍️を「さかさま」にして見た「四つ門十字路」。 「西」から見れば「東」であっても、「東」から見ても「東」。又、その逆もしかり💖🙆 「かこめうた」の「かごめ歌」とは、「生命誕生」の儀。 その実「地球神🌎️🌍️」の、「産まれ代わる」瞬間の、意。

「イザナギ」とは、「さの」と「なぎさ」と、「い」の、儀。 「イザナミ」とは、「なみ」と、「さの」と、「い」の、儀。 「い」の中の「かわず」とは、「隠れている」「囲まれている」「河津」。 「かわずざくら」に、帰す💏。 「ふじやま」に囲まれている=「護られている」、「かわづ」。 「つ」=「ホツマツタヱ」の、意を、「ツ」と言えば、「つなみ」。 「つ」とは?🤔 「秋津」と書いて、「とんぼ」。 「はやあきつひめ」とは、「トンボの女神」。 「はやすさら姫」とは、「さすらう」「連れて行く」女神。 「いぶきどぬし」とは、「風早(かぜはや)」の、神。 「姫」とは、「女官」。 「おじょうさま」なら、「姫」とは言わ…