小倉純二

小倉純二

(スポーツ)
おぐらじゅんじ

日本サッカー協会(JFA)名誉会長。日本サッカー協会第12代会長。
1938年8月14日生まれ。東京都出身。早稲田大学卒。
1962年、古河電気工業に入社。古河電気工業サッカー部の運営を手伝い、財務委員などを任された。
1981年、ロンドン支社に転勤。国際委員として活動。当時のキリンカップでヨーロッパのクラブチームを日本に招待。
1991年、JR東日本に共同出資によるクラブ運営を打診し、東日本JR古河サッカークラブ(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)としてJリーグに参加を促し、古河電工を退社。
1994年、アジアサッカー連盟(AFC)理事に就任。FIFAワールドカップ2002年大会の招致活動に尽力。
2002年、国際サッカー連盟(FIFA)理事に就任。日本サッカー協会専務理事から副会長に昇進。
2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会では、マッチコミッショナーを務めた。
2008年、東アジアサッカー連盟(EAFF)会長に就任。
2010年7月、犬飼基昭の後を受け、日本サッカー協会第12代会長に就任。
2011年、定年により、FIFA理事及びAFC理事を退任。
2012年6月、定年により、日本サッカー協会会長を退任し、名誉会長に就任。後任のJFA会長は大仁邦彌。

新着ブログ: 小倉純二