小倉遊亀

(アート)
おぐらゆき

日本画家。
1895年3月1日、生まれ。滋賀県大津市出身。
1917年、奈良女子師範学校を卒業。
1920年、京都、名古屋を経て、横浜の捜真女学校の講師となり、教鞭をとる傍ら制作に励む。
1932年、日本美術院の同人に女性として初めて推挙される。
1936年、教職を辞し、画業に専念する。
1954年、第4回上村松園賞受賞。
1955年、昭和29年度芸能選奨美術部門文部大臣賞受賞。
1962年、第18回日本芸術院賞受賞。
1973年、勲三等瑞宝章受章。
1978年、日本美術院理事に就任。
1980年、文化勲章受章。
1990年、日本美術院理事長に就任。
1995年、鎌倉市名誉市民となる。
1996年、日本美術院名誉理事長に就任。
2000年7月23日、死去。105歳だった。
amazon:小倉 遊亀

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ