小峰城

(一般)
こみねじょう

白河藩の居城。白河城とも。
南北朝時代、結城親朝が築いたことに始まり、丹羽長重の大改修によって近世城郭へと発展を遂げた。


平成三年に三重櫓が、平成六年に前御門が、それぞれ木造によって復元されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ