小平邦彦

小平邦彦

(サイエンス)
こだいらくにひこ

日本を代表する数学者の一人(1915年〜1997年)。東京大学名誉教授。
1949年ワイルにより、プリンストン高等研究所へ招聘され日本からの頭脳流出の第一号といわれた。以後プリンストン大学をはじめ、ジョーンズ・ホプキンス大学、スタンフォード大学などの教授を歴任。1954年数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞を調和積分の研究への貢献により、日本人として初めて受賞。他に藤原賞(1975年)、イスラエルでウルフ賞(1985年)を受賞。彌永昌吉は、義兄に当たる。

主な著書

  • 『解析入門』(岩波書店)
  • 『複素解析』(岩波書店)
  • 『複素多様体論』(岩波書店)
  • 『現代数学概説 I』(岩波書店・彌永昌吉氏と共著)
  • 『怠け数学者の記』(岩波現代文庫)
  • 『ボクは算数しか出来なかった』(岩波現代文庫)
  • 『幾何への誘い』(岩波現代文庫)

など

表彰

調和積分論の研究, フィールズ賞,1954年

* リスト::学者::自然科学
* リスト::数学関連

ネットの話題: 小平邦彦

人気

新着

新着ブログ: 小平邦彦