小林雅英

(スポーツ)
こばやしまさひで

小林雅英は、日本の元プロ野球・MLB選手、指導者。千葉ロッテマリーンズ一軍投手コーチ。
通称「幕張の防波堤」「コバスコ」。
右投右打、ポジションは投手。背番号は30→34→73→79番。
1974年5月24日生まれ。山梨県大月市出身。182cm89kg。

略歴

都留高等学校から日本体育大学、東京ガスを経て、
1999年、ドラフト1位で千葉ロッテマリーンズに入団。
入団発表の時、婚約発表を行った。
1年目より一軍に定着。2年目の2000年に中継ぎ・抑えで2桁勝利・2桁SPを挙げる。
2001年よりブライアン・ウォーレンの後を受けクローザーに定着し、33セーブ。
2002年にはプロ野球記録である33試合連続セーブポイント、パ・リーグ記録の17試合連続セーブを達成する。
2003年も33セーブを挙げ、3年連続の30セーブ。
2005年、プロ野球史上最速の312試合目の150セーブ達成。
同年、31年ぶりの日本一に大きく貢献した。
2006年6月7日の中日ドラゴンズ戦でセーブを挙げ、プロ野球史上初の6年連続20セーブを達成した。
同年8月18日、通算200セーブを達成。
2007年オフ、FA権を行使して米メジャーリーグのクリーブランド・インディアンスに2年契約で移籍。
2009年オフ、読売ジャイアンツに移籍。
2010年オフ、オリックス・バファローズに移籍。
2011年オフ、日米通算234セーブの記録を残し現役引退。
2012年、オリックス・バファローズのコーチに就任。
2015年、千葉ロッテマリーンズの一軍投手コーチに就任。

タイトル

  • 2005年、最多セーブ投手

NPB通算成績

463登板、36勝34敗228セーブ、 599投球回数、防御率2.93
リスト::野球選手

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ