小栗虫太郎

小栗虫太郎

(読書)
おぐりむしたろう

1901年〜1946年。
戦前に活躍した小説家。探偵小説、冒険小説など。
かなりの読書家で、作中やたら独学で得た蘊蓄が登場する。代表作『黒死館殺人事件』は、日本ミステリのオールタイム・ベスト級の作品にして、一大奇書。

代表作

ネットの話題: 小栗虫太郎

人気

新着

新着ブログ: 小栗虫太郎