小池正晃

(スポーツ)
こいけまさあき

プロ野球選手・指導者。
右投右打、ポジションは外野手。背番号は56→44→30→44→8番。

1980年5月15日生まれ。神奈川県横浜市保土ヶ谷区出身。
横浜高校で1998年、松坂大輔・後藤武敏小山良男と共に春夏連続で甲子園に出場。
春夏連覇を達成。

1999年、ドラフト6位で横浜ベイスターズに入団。

2001年、右の代打として一軍に定着。

2003年、怪我のために二軍生活が長くなる。


2005年、憧れであるマイク・キャメロンと同じ背番号44番に変更。

一軍に復帰し強打の2番打者として定着。20本塁打を打つ。

同年6月1日、東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、球団通算6000号となる本塁打を記録。

2008年、石井裕也との交換トレードで中日ドラゴンズへ移籍。

同年オフ、背番号を44に変更。奇しくも横浜時代と同じくタイロン・ウッズから背番号を引き継ぐこととなった。

2011年オフ、FA権を行使して横浜DeNAベイスターズへ復帰。

2013年、現役引退。10月8日の引退試合で本塁打2本を放って有終の美。引退試合の2日後に横浜DeNAベイスターズとコーチ契約*1を結ぶ。

松坂世代の1人。横浜ファンの多くは「小池世代」と言う。


リスト::野球選手

*1:役職は後日発表という形

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ