屈辱

(ゲーム)
くつじょく

デイヴィッド・ロッジによる小説「交換教授」の中で行われたゲーム。
「誰もが読んでいると思われているが、実は自分は読んでいない」という有名文学作品のタイトルを挙げて、参加者の内でその作品を読んでいる人の数が得点となる。
ゲームが終わったとき、最もポイントを多く獲得した勝者は「最も教養がない」という屈辱的な栄冠を勝ち取ることができる。

交換教授: 二つのキャンパスの物語(改訳) (白水Uブックス)

交換教授: 二つのキャンパスの物語(改訳) (白水Uブックス)

屈辱

(一般)
くつじょく

屈服させられて辱めを受けること。

歴史的事件

カノッサの屈辱

サッカーにおける敗戦

カイザースラウテルンの屈辱、サン・ドニの屈辱

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ