屋島の戦い

屋島の戦い

(一般)
やしまのたたかい

元暦二年(1185)、源義経が讃岐国屋島を急襲し、平家を追い落とした戦い。

現在の香川県高松市屋島が舞台となった。

この地にある真言宗・屋島寺の宝物館にその遺物が保存のうえ展示されており、この寺の境内のは『平家供養の鐘』と呼ばれている。*1

新着ブログ: 屋島の戦い