山下大輔

(スポーツ)
やましただいすけ

プロ野球、大洋ホエールズ選手。野球指導者。通称「大ちゃん」。
右投右打、ポジションは遊撃手。背番号は1→80→77番。

1952年3月5日生まれ、静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身。
清水と言う事もあり、少年時代はサッカーに熱中していた。
清水東高校から慶應義塾大を経て、1974年、ドラフト1位で大洋ホエールズに入団。

1976年から1983年まで、ショートストップで8年連続ダイヤモンドクラブ賞を獲得するなど、主に守備の名手として活躍。

スター選手として松原誠田代富雄らと共にホエールズを支えた。

1985年、高木豊の遊撃手コンバートにより二塁を守る。出場機会を減らし、古葉竹識に引退勧告を受ける。


1988年、開幕直前に現役引退。


1993年、横浜ベイスターズのコーチに就任。

1998年、ヘッドコーチに昇格。38年ぶりのセ・リーグ優勝、日本一に貢献した。

2000年、退団。

2001年、NHKの野球解説者となる。主にMLBの解説を担当。「Take me out to the ballgame」を口ずさむ姿が印象に残る。


2003年、横浜ベイスターズの5代目監督に就任。*1

キャンプ中は派手なパフォーマンスや言動などでファンを沸かせていたが、2シーズンが始まるとチームは独走状態で最下位に転落。*2

2004年、佐々木主浩、川村丈夫など投手陣の活躍と、多村仁の覚醒による好ゲームを見せたが、最下位へ転落。チームのシーズン最多三振記録を樹立。

同年、チームの不振を理由に監督退任。


2005年、新球団・東北楽天ゴールデンイーグルスのヘッドコーチに就任。しかし、チームの成績不振により5月1日付で二軍監督へ異動。

同年、退団。フロント入り。

セルジオ越後と親交が深い事でも知られ、「大ちゃんス打線」と言う打線名をセルジオ氏に命名してもらった。

名言

ピッチャーデニー!」
「(大)今日は負けないよ」→「(ファン)試合ねぇだろ・・・」


通算成績

実働
13年(1987(昭和62)年 現役引退)
生涯打率
.262
出場試合数
1609試合
打数
5259
安打
1378
本塁打
129
打点
455
盗塁
95

タイトル

  • ダイアモンドグラブ賞 1976年〜1983年
  • ベストナイン 1981年

*1:2002年、森祇晶監督がフロント側やオーナーとの対立により解任。そこで、1998年の優勝時にヘッドコーチとして活躍した手腕を買われたことや、「生え抜きの監督を」との意向により白羽の矢が立った。

*2:最下位であることを感じさせないような明るいキャラクターと輝く頭は熱狂的なファンであってもなぜか憎めず、2ちゃんねるプロ野球板では「大ちゃん」の愛称で圧倒的な人気を誇り、最近ではプロ野球板を離れ、様々な板へ進出している。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ