山中峯太郎

(読書)
やまなかみねたろう

1885〜1966 作家、政治運動家。SF、冒険小説の先駆者としても評価されている。
陸軍士官学校を出ながら、エリート軍人への道を棄てて新聞記者に転じ、中国に赴任して孫文の中国革命完成のために奔走。
帰国後は、『少年倶楽部』の王者として戦前の子供たちを魅了した人気作家となる。
代表作、「敵中横断三百里」、「亜細亜の曙」など。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ