山口竜一

山口竜一

(スポーツ)
やまぐちりゅういち

道営ホッカイドウ競馬の騎手。
元宇都宮競馬所属の騎手。

1964年1月26日 栃木県出身 桧森邦夫厩舎所属

1981年4月25日に宇都宮競馬場でデビュー。同年5月10日、スイフトタマガワで初勝利を挙げる。
宇都宮競馬所属としては2200勝以上の成績を挙げるも、宇都宮競馬廃止に伴いホッカイドウ競馬に移籍。
2005年6月21日 札幌10レースで再デビューを果たし、初騎乗初勝利を飾る。
以後、ホッカイドウ競馬で活躍を続け、五十嵐冬樹と共にリーディング争いを繰り広げている。
また、重賞ハンターとして多くの重賞を勝っている。
2007年にはエーデルワイス賞をマサノミネルバで勝ち、統一グレード競走初勝利を挙げた。


ダービー男として知られ、北関東ダービー、とちぎダービーを2勝ずつ、また実質ダービーとなった2005年の北関東弥生賞を勝ち、宇都宮時代はダービー5勝。ホッカイドウ競馬に移ってからも札幌ダービー北斗盃を制している。 

山口竜一騎手応援コンテンツ

http://yamaryu.sakura.ne.jp/

新着ブログ: 山口竜一