山城国一揆

(一般)
やましろのくにいっき

1485年に日本の山城国で発生した国一揆。国人だけでなく、農民も協力し、守護大名の畠山氏の政治的影響力を排除して8年間自治を行った。幕府の切り崩し工作や国人同士の内紛などによって1493年に自ら自治を放棄する集会を開いて自治体制が崩壊した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ