山岳仏教

(一般)
さんがくぶっきょう

日本の平安時代の僧である最澄や空海などにより、政治と結びつきの強くなった奈良仏教の世俗化などに対する形で始められた山岳に行場を求めて行った修験者の仏教のこと。古来からの山岳信仰とも融合し平安時代に急速に発達した。その後、山岳修行に重点を置く修験道へとつながり、神仏習合思想も生まれた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ