山田九朗

(読書)
やまだくろう

フランス文学者。(1902年2月5日-1995年12月) 
福岡県若松町(現・北九州市)生まれ。高松中学校、第三高等学校卒、1926年東京帝国大学文学部仏文科卒、志願兵として一年入隊、27-37年立教大学教授、33年東京商科大学予科教授、44年応召、中国戦線。46年復員。49年一橋大学教授、65年定年退官、名誉教授、青山学院大学教授、72年退職、74年勲三等旭日中綬章。

共著

  • 「要約仏文典」杉捷夫共著.郁文堂書店,1929

翻訳

  • 「兩世紀名家コント選」第3卷 河盛好藏共編 白水社,1932
  • 「フロオベエル全集 第2-3巻.感情教育-ある青年の物語」改造社,1935-36
  • 「三つの物語」ギュスターヴ・フローベール 岩波文庫 1940
  • 「現代フランス文学」J.ラルナク 岩波書店,1954.岩波現代叢書
  • 「人間経済学」ルネ・サンド 白水社,1956.文庫クセジュ
  • 「バルザック全集 第7巻.13人組物語 共訳 東京創元社,1960.
  • 「フランス革命の知的起源」D.モルネ 坂田太郎共監訳.勁草書房,1969-71
  • 「世界の名著 続12」ヴァレリー レオナルド・ダ・ヴィンチの方法」中央公論社,1974 のち岩波文庫
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ