山田暢久

(スポーツ)
やまだのぶひさ

元サッカー選手。現役時代のポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。
1975年9月10日生まれ。静岡県藤枝市出身。身長175cm、体重72kg。

右サイドバック、右アウトサイドでの起用が多いがトップ下、ボランチ、ストッパー等複数のポジションをこなす。
好不調の波が激しく不調時には運動量が極端に落ちるため (`〜´)タリー などと揶揄されることもあるが、好調時の山田は相手チームに取って非常に脅威な選手となる。
年代別の日本代表でも活躍し、U-20日本代表として中田英寿、松田直樹らとともに1995年FIFAワールドユース選手権に出場した。
2002年、ジーコ監督時代のサッカー日本代表(A代表)に召集。一時期右サイドバックに定着するも、代表合宿の門限違反事件以来一向に呼ばれなくなってしまった。国際Aマッチ15試合出場、1得点。
浦和レッズ一筋でプレーしたが、2013年シーズン限りで現役を引退した。

所属クラブ

-1987
稲葉サッカースポーツ少年団
1988-1990
藤枝市立藤枝中学校
1991-1993
静岡県立藤枝東高等学校
1994-2013
浦和レッドダイヤモンズ

リスト::サッカー選手

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ