山田順子

山田順子

(読書)
やまだゆきこ

1901‐61
 作家。秋田県出身。結婚ののち、上京して徳田秋声に師事する。その後離婚、秋声の妻が病死したため、恋愛が生じたと文壇の話題になり、結婚寸前まで行くが、勝本清一郎のもとに走った。秋声は「順子もの」と呼ばれる短編を書き、その集大成が『仮装人物』である。のち自ら『女弟子』を書いた。

山田順子

(読書)
やまだじゅんこ

1948年生まれ。英米文学翻訳家。
また、スティーヴン・キング訳者としても知られる。

新着ブログ: 山田順子