山科区

(地理)
やましなく

京都市の行政区の一つ。京都市のうち東部に位置する。
郊外の農村地帯だったが、名神高速道路・京都東インターの設置など交通の要衝として急速に発展。


1931年、宇治郡山科町が京都市に編入され東山区の一部となる。
1976年、人口増加に伴い東山区より分区独立、山科区となる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ