岡正雄

(読書)
おかまさお

岡正雄(おかまさお)。長野県松本市生まれ。1898年〜1982年。
文化人類学者。
日本のこの分野における代表的な指導者。
1924年、東京大学文学部社会学科を卒業し、1925年から柳田国男(柳田國男)の刊行する雑誌『民族』に協力した。1929年からウィーン大学で民続学を研究し、1933年に同大学より博士号を取得した。
海外でも活躍したが、東京都立大学教授、明治大学教授、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所所長などを歴任し、多くの研究者を指導した。
岡の研究の中心は日本民族文化の形成であった。方法論には民俗学、民族学、先史学の手法を併用して、独自の文化理論を展開した。批判も浴びたが、現在も形を変えて、諸分野で継承されている。エトノスの概念を重視したことは、先駆的な意義を持つとされている。

異人その他―他十二篇 (岩波文庫)

異人その他―他十二篇 (岩波文庫)

民族とは何か (民族の世界史)

民族とは何か (民族の世界史)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ